美しい歯で健康に?根管治療に着目

虫歯を治そう!歯科の根管治療とは

>

根管治療について

概要を理解する事から始める

神経を抜く、または抜歯をしても虫歯が深い部分到達してしまい炎症や酷い感染を起こしてしまった場合、通常の治療だと定期的に消毒をして感染を広げないようにするしかありません。それを根管治療と呼び全身感染症を防ぐ効果があります。

軽度の虫歯であればここまで進行していないので根管治療の必要はありませんが、重度の場合は口腔内や歯だけでは無く血管を通してミュースタンス菌が運ばれます。運ばれたミュータンス菌は体のいたるとこで悪さをするので、時には命が危険に晒されてしまう可能性もあります。

これらを未然に防げるのが根管治療です。原則保険適用内で行われるので、治療に踏み切りやすく途中挫折しにくいのが根管治療の大きな強みです。

メリット・デメリット

根管治療のメリットといえば歯をこれ以上削ったり、抜いたりしなくても良い点です。歯は一度抜く・抜歯すると元には戻りません。しかも他の歯にも負担がかかるので別の歯にトラブルがおきやすくなります。もちろん痛みや感染症のリスクが抑えられるのも大きなメリットです。

歯の根っこというのはとても細かく、且つ人によって形が大きく違います。その為根管治療をする際に歯科医師の技術力が必要です。特殊なケースであれば治療を断られてしまったり、保険適用外になってしまったりするのはネックに繋がります。

そしてもう一つ、デメリットになるのは虫歯が根管で再発した場合に気付きにくい点です。定期メンテナンスへ行かない、違和感を無視した場合に再発しやすいです。


このTOPICSをシェアする